入れ歯~自分にぴったりな入れ歯が欲しい~

一人ひとりのお口に合った入れ歯を

「おいしい食事」「たのしいおしゃべり」――、入れ歯は毎日の生活と密着しています。もしその入れ歯が合わずに痛くなったり咬みにくかったら、毎日がとても辛いでしょう。使っている入れ歯に悩みや不満があるなら、江東区豊洲の歯医者「恵愛歯科 豊洲診療所」までご相談ください。一人ひとりのお口に合った入れ歯をおつくります。

入れ歯治療のメリット・デメリット

どんな治療にも、それぞれメリット・デメリットがあります。治療を受ける前に、その両方を理解しておきましょう。

メリット デメリット
  • 手術が不要
  • 治療期間が短い
  • 保険適用のものを選べば、費用を抑えられる
  • 取り外して手入れできるから、清潔が維持できる
  • 咬む力の回復力はある程度までしかできない
  • 咬む力が顎の骨に伝わらないので、痩せやすくなる
  • 保険適用の入れ歯では、使用感や見た目を追求することはできず、硬いものが咬みにくい

当医院が取り扱う入れ歯の種類

入れ歯には、保険適用のものと自費診療のものがあります。保険の入れ歯は使用素材や様式が限られていますが、自費の入れ歯は制限がないので、審美性と機能性が追求できます。

保険適用
レジン床義歯

レジン床義歯

床部分がレジンでつくられた入れ歯です。床部分に厚みがあるので、装着時に違和感や食べ物の温度が伝わりにくいデメリットがあります。ただし、費用を抑えられ治療期間が短いというメリットもあります。

部分入れ歯

部分入れ歯

失った歯の両隣の歯に、金属のバネで固定して使用する部分入れ歯です。バネが目立つ点、固定する歯に負担をかける点がデメリットです。

自費診療
金属床義歯

金属床義歯

床部分が金属でつくられた入れ歯です。床を薄くできるため軽く、装着時の違和感も少なくできます。また食べ物の温度が伝わりやすくて、耐久性が高いといったメリットもあります。金属の素材には、コバルトクロムやチタンなどがあり、金属アレルギーが心配な方に合わせたご提案も可能です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯にある金属のバネ(クラスプ)をなくし、吸着感のある自然なピンク色の素材でフィットさせる入れ歯です。両隣の歯にかける負担もなく、見た目も目立ちにくい点がメリットです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の内側に磁石を埋め込み、強力な磁力で固定させる入れ歯です。入れ歯のずれやもたつきがなくなり、しっかり咬めるようになります。

※ただし、神経を取った歯に限ります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

片顎につき4本のインプラントを埋め込み、それを固定源にして総入れ歯を装着する治療法です。入れ歯が安定し、しっかり咬めて見た目も自然です。

入れ歯のお手入れポイント

入れ歯はお口に入れるものなので、毎日きちんとお手入れすることが大切です。できるだけ長く快適に使えるよう、以下のポイントに注意してお手入れしましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

Point1
食べたら洗う
Point2
歯や歯ぐきもきれいに
Point3
乾燥に注意
Point1 食べたら洗う Point2 歯や歯ぐきもきれいに Point3  乾燥に注意
入れ歯は、毎食後に取り外して水で洗い流しましょう。通常の歯ブラシや歯みがき粉は入れ歯には強すぎるため、傷がついてしまいます。入れ歯専用のものを使用しましょう。 入れ歯を装着していると、残っている歯や歯ぐきにも汚れがつきやすくなります。入れ歯を外したら、お口の中もきれいにしましょう。 入れ歯は乾燥に弱い欠点があります。就寝時には汚れを落として、水に浸けておきましょう。就寝時にも入れ歯を装着するという方も、1日に数時間は取り外して、必ず洗浄しましょう。