一般歯科~歯が痛い・しみる~

大切な歯を虫歯から守りましょう

大切な歯を虫歯から守りましょう

虫歯の原因――。それは歯の根元などにプラーク(歯垢)が溜まり、その中に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていくことで発症します。一度できてしまった虫歯は歯みがきで治癒することはなく、放っておけばどんどん進行してしまいます。大切なのは、できるだけ早く適切な治療を受けること。また予防によって発症自体を防ぐことです。

こちらでは江東区豊洲の歯医者「恵愛歯科 豊洲診療所」が、虫歯の原因や予防についてご紹介。虫歯の理解を深めて大切な歯を守りましょう。

虫歯になる原因

食事をすると口腔内が酸性になり、カルシウムなどのミネラル分が歯から少しずつ溶け出します。これを「脱灰(だっかい)」といいます。その後、口腔内はだ液によって中和され、ミネラル分が再び歯に戻る「再石灰化」が起こるのです。

「脱灰」と「再石灰化」がバランスよく繰り返されていれば、すぐに虫歯になることはありません。しかし以下のような要因が重なるとそのバランスが崩れ、虫歯へとつながってしまいます。

要因1:プラーク 要因2:糖分
歯みがきがしっかりできていないと、虫歯菌の棲みかであるプラークが増えて、虫歯のリスクが高まります。 虫歯菌のエサとなるのが糖分。口腔内に糖分が長く留まっていると、酸性に傾きがちになります。
要因3:時間 要因4:歯質
酸性の時間が長時間続くと、再石灰化のスピードが追いつかず虫歯になりやすくなります。 歯質には生まれつき「強い人」「弱い人」がいて、それによって虫歯のなりやすさも変わります。

再発しにくい虫歯治療を

再発しにくい虫歯治療を

一度虫歯にかかると、きちんと治療をしても再発のリスクがつきまといます。従来では5~6年で再発するケースが多く、再治療を繰り返すことで、最終的には抜歯をする必要がありました。当医院では、繰り返し行う虫歯治療に疑問を感じ、再発しにくい治療法を追求してきました。

まずは原因菌の除去を重点的に行うこと。そして削った部分と詰め物・被せ物を接着剤で確実に密着し、細菌が再侵入する道をふさぎます。さらに歯面にフッ素塗布をすることで、虫歯菌が出す酸への抵抗力を徹底して高めます。これによって、治療後も20年以上再発しない虫歯治療が実現しました。

当医院の考える虫歯予防

従来の虫歯治療は、できてしまった虫歯に対して「どのような素材で、どのように補うか」という考え方で治療が行われていました。その反面予防は、虫歯の治療や再治療を不要にするために行うものと考えられていました。つまり、「治療」と「予防」は別物であるとされてきました。

当医院では、歯科治療全体が「予防」につながる治療であると考えて、包括的な治療に取り組んでいます。「細菌の繁殖と深く関わる食生活」「だ液の状態」「もともとの口腔内環境に注目する」「咬んだときの歯や修復物にかかる力を考慮する」――、これらのことが予防には重要だと考えています。

いかに最初の虫歯治療を確実に行い、そして再発を防げるか。そして新たな虫歯を発症させない予防を追求していく――。他の医院で再治療を繰り返している方も、一度当医院にご相談ください。トータル的な視野による「予防」のご提案と、再発しにくい虫歯治療をご提供します。