インプラント~自分の歯のような咬み心地を~

天然歯のような咬み心地と見た目を取り戻す

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、それに人工歯を装着して咬む機能を回復させるインプラント治療。インプラントが顎の骨にしっかりと固定されることで、天然歯と変わらない咬み心地が取り戻せます。セラミックを、人工歯はまわりの歯の白さや透明感に合わせてつくることで、自然な見た目も実現できます。

「従来の入れ歯治療に不満がある」「違和感のない咬み心地や見た目を追求したい」――。そんな方は、江東区豊洲の歯医者「恵愛歯科 豊洲診療所」までご相談ください。

当医院のインプラント治療

当医院は新宿の本院と合わせて、20年以上のインプラント治療の実績があります。精度の高い治療のために、正確な診断ができる歯科用CTを導入。そして豊富な治療実績をもとに、治療方法の大幅な改革を行いました。治療後にはインプラント周囲炎の予防に取り組むことで、インプラントを長持ちさせることを可能にしました。

当医院のインプラント治療の特徴

※表は左右にスクロールして確認することができます。

特徴1
歯科用CTを用いた
正確な診断
特徴2
難症例への
対応
特徴3
安定性の高い
インプラント体の採用
歯科用CTは、顎の骨の厚みや神経・血管の位置に至るまで詳細な立体画像を取得することができます。そのデータによって、インプラント治療の正確な診断が可能になります。 当医院では「骨が薄い」といった理由によって他の医院でインプラント治療ができないと診断された患者さまにも、骨を増やす治療を行うことでインプラント治療を可能にしています。 治療後のトラブルを防ぐために、顎の骨と1ヵ月で結合する「ハイドロキシアパタイトコーティング・インプラント体」と、「インプラント体」の上部まで骨が形成されるインプラントを採用。安定性の高い治療が可能です。

さまざまなインプラント治療

ミニインプラント

ミニインプラント

ミニインプラントとは、一般的なものより短いインプラントのことです。顎の骨が薄く、一般的なインプラントでは治療が難しい方に適しています。また歯ぐきが平らで入れ歯が安定しない場合にも、ミニインプラントが入れ歯を固定するために用いられます。

基本的に顎の骨が薄い日本人に適したインプラントなので、手術時間を短縮できるメリットもあります。

※入れ歯を固定する場合も、取り外しが可能です。

可撤式ブリッジインプラント

可撤式ブリッジインプラント

従来の入れ歯のような床が小さく、歯の部分だけをインプラントに固定する治療法です。通常の入れ歯では咬めなかったものも咬めて、軽量なので上顎にこそおすすめです。

※ブリッジは、取り外しが可能です。

入れ歯は、つくり方次第で快適に使うことができます当医院の詳しい入れ歯治療はコチラ