小児歯科~子供の歯を守るために~

虫歯から子供の歯を守りましょう

子供の乳歯は大人の永久歯よりもやわらかく、虫歯になりやすい歯です。また生え替わりの時期には大小さまざまな歯が並んだり、歯がない部分もあるなど、歯がみがきにくい段階でもあります。子供の歯を虫歯から守るには、一人ひとりの成長段階に合った方法で予防することが必要です。

こちらでは、江東区豊洲の歯医者「恵愛歯科 豊洲診療所」が、お子さまの歯を守るために大切なことをご紹介します。当医院では保育士資格を持つ女性歯科医師が在籍。お子さまにもやさしい診療が可能です。

お子さまの歯を虫歯から守る3つのポイント

Point 1
食事・おやつの時間を決めること
Point 1 食事・おやつの時間を決めること
一度にたくさんの量が食べられない小さいお子さまにとって、おやつは大切な食事の一つです。でも、ちょこちょこと食べ続けていると、お口の中は常に汚れている状態となり、虫歯になりやすくなります。食べる時間を決めて、お口の中が休憩できる時間をつくってあげましょう。
Point 2
甘いものを控えめにすること
Point 2 甘いものを控えめにすること
虫歯菌のエサは、食べカスに含まれる糖分。お口の中に糖分が多く残っていると、虫歯菌はどんどん活発化していきます。虫歯を防ぐには、甘みの強いおやつを控えめにすることです。またキシリトール入りなど、糖分を使用していないものを選ぶといいでしょう。
Point 3
食べたら歯みがきすること
Point 3 食べたら歯みがきすること

虫歯菌のエサは、食べカスに含まれる糖分。お口の中に糖分が多く残っていると、虫歯菌はどんどん活発化していきます。虫歯を防ぐには、甘みの強いおやつを控えめにすることです。またキシリトール入りなど、糖分を使用していないものを選ぶといいでしょう。

毎食後に必ず歯みがきをすることが理想ですが、無理な場合には、口をゆすぐだけでも効果が期待できます。

恵愛歯科の小児歯科メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

予防の基本は毎日の歯みがきです。お子さま自身が、きちんとした歯みがき方法を身につけることが大切です。当医院では、お子さまのお口に合った歯みがき方法を指導するのはもちろん、親御さまにも仕上げみがきのコツをお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布することで、虫歯に強い歯にすることができます。またごく初期の虫歯であれば、塗布よって治癒が期待できるケースもあります。フッ素が嫌な方はカルシウムなどを塗布する方法もございますので、ご相談ください。

シーラント

シーラント

奥歯にある深く複雑な溝は、汚れが溜まりやすくて虫歯になりやすいのが特徴です。虫歯になる前に、レジン(歯科用プラスチック)で溝を埋めて虫歯を予防しましょう。